はるまるブログ

一口馬主のこと中心に。ノルマンディーで出資中。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アンカシャムローグもうすぐ入厩

JUGEMテーマ:一口馬主

 

アンカシャムローグが遂に入厩するため、募集は今週の水曜まで。
残口は現時点で7口で、あまり減ってない。

応援する人を増やしたいしので、迷っている人の背中を押す記事を書こうと思います。
とは言え自分の出資理由は以前書いているので(
http://halmal.jugem.jp/?eid=105) (http://halmal.jugem.jp/?eid=113)、

ゴッホ産駒全体の状況から本馬のお買い得感を説いていきたい。

 

まず、世代別のゴッホ産駒勝ち上がり率について

 

       ゴッホ産駒の勝ち上がり率変遷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら年々成績が下がっています。低迷がさらに、繁殖の質に直結している悪循環。
岡田スタッドにゴッホの後継造るぞって気概があまり感じられないのが気に食わない。

アンカシャムローグには何とか状況を変える1頭になってほしいです。

 

ここまでだと、ゴッホ産駒に出資するのは正気の沙汰ではないとの結論になっちゃいますが、待ってほしい。

ゴッホにはみんなが知ってるニックス、BoldRulerやNever Bendクロスがある!

 

トレンドを抜き出すため、3歳・4歳で世代で深堀してみた。

まずBold Ruler

 

 Bold Rulerクロス持ちゴッホ産駒の勝ち上がり率

 

 

 

 

 

 

・・・あれ??4歳世代は絶好調なのだが、3歳世代が大不振。
そのため、両世代合わせると20%弱の勝ち上がり率になっている。

 

これについては裏付けのある考察はできていない。
全体的に繁殖のレベルが下がっているというのは確実にあると思う。でもそれにしても減りすぎな感じ。
活躍馬が出た繁殖が他の種牡馬に回されたからでは?と考えてみたが、とりあえず置いとく。


次にNever bend

 

 Bold Rulerクロス持ちゴッホ産駒の勝ち上がり率

 

 

 

 

 

 

ふむ。こちらも3歳世代の成績は悪化しているが、それでもなんとか踏みとどまってる感じ。

残りの3戦で何とかあと1つ勝ち星を拾ってほしい所だけど…。

 

続いて、29%って他と比べてどうなんって話。同じ3,4歳世代他の種牡馬と並べてみたのがこちら。
よく考えると、2017年の種付料で並べるべきだったけど、まあ参考程度に。
本当はクラブの平均募集価格と比べると良いのだけど(一口馬主DBで見れます)。

 

        現4歳、3歳世代の勝ち上がり率の比較

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念なことにただゴッホ産駒全体で比較すると話にならない現実がある。

でもNever Bendクロス持ちのみに限定するとまだ大分見れる数字になる。(3歳世代も後1勝すれば30%になるし)

 

流石にディープやキンカメには遠く及ばないけど、

ハービンジャー、スクリーンヒーロー、オルフェーヴル、ジャスタウェイ、この辺りとはそう違いは無い。(苦しい?)

アンカシャムローグの募集価格は1360万円。
ハービンジャーやオルフェーブルは大体2000万以上することを考えるとお得…じゃないでしょうか?
更によく考えてほしい。2018年産駒を20年7月まで様子見できて、

それなりに順調で年内デビューは多分間違いないことも考えると…これもうめちゃくちゃお得なのでは??

 

今世間は19年産の検討に沸いていますが、その仔がデビューするのは早くても1年後。

こっちは半年以内にはまずデビューできますよ???

 

-------------------------------------------------------------

数字はあまり検算してないので、数え間違えていたらごめんなさい。

正直、ゴッホ産駒の低迷ぶりに絶望を感じたのも事実。

でもここまではっきりとした傾向がわかっている種牡馬もなかなかいないし、狙いやすい種牡馬だとは思います。

募集価格も安価なので、損益分岐を超える見込みもそれなりにあると思うし。

 

あと、ゴッホ以上に気になったのはロージズインメイ。

種付け料と比べて明らかにコスパが良さそうな感じがします。

次はこっちを掘り下げてみようかな。様子見している馬(メリス:プラチナベールの18)もいるし。

 

出走結果

JUGEMテーマ:一口馬主

 

期待の大きかったニーニャは8着。
期待が大きかっただけにショックは大きいが仕方がない。
立て直して、まずは1勝を挙げるように頑張るしかない。
スタミナ不足のコメントの様だったが、やはり、母似の馬体をしていると思うし、短い所の方が良いのかもしれない。
それでも2000mは持つと思ったんだけどなー。

 

クイーンズトゥルーの結果はもう何も言うことは無いね。
使われ方見てても厩舎との相性は最悪だったと思う。何事も相性が大事。
新規開業の吉岡厩舎に移籍となるのは本当に良かった。
正直成績だけ見たら、予定が変わって引退だなんていわれかねない状態だからね。

 

アリンナはほんと惜しいんだよね。
直線邪魔が入らなければ、掲示板・馬券内もあったのでは?と感じさせる内容。
中京開催続戦で切るかわからないけど、何とか、もう1勝してほしい。

本当に散々な週末だったね。
今年はいまだに未勝利だ…。早く脱出したい。

 

サンディレクションとサンメディルはよ返ってきて!

 

--------
アンカシャムローグ近況

 

概ね良さそうな感じだがちょっと気になるコメントが。
"ただ、左手前に比べ、右手前だと走りが若干頼りない印象です。"

体のバランスが悪いということかな?

 


確かに後ろから見た感じちょっとバランスが悪いような…。
癖馬にならないように早く矯正しておいてください。


 

アンカシャムローグ見学

JUGEMテーマ:一口馬主

 

以前、アンカシャムローグ(アンカジャポニカの18)に出資したことを書きました。
(http://halmal.jugem.jp/?eid=105)

 

その際、フィアレスの売れ行きに対して、残口20口(11月頭)でも年内には売り切れるだろうと予想しました。

ところがが2月末の現在…なんと、残口18口! 全然売れてねぇ!

 

まぁ中々情報の出てこない40口募集馬。
割引もほぼなくなっているので、ぎりぎりまで様子見に価値を見出すのも間違ってはいないでしょう。

とは言え情報待ちで迷っている方もきっといるはず。
大した内容ではないですが、1月末に見学に行ってきた内容を今更ながらにアップします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
近況にもある通り、少しうるさい所も見せるとのことでしたが落ち着いたものでした。

見学会の時も感じたけれど、賢さ・メンタルの強さがあるのかなと思う。

 

 

悍性の強さはゴッホ産駒の特徴で、調教も一生懸命やってくれる。
一方で、マイル以下に良績が集中している原因なのは間違いない。

自分の出資馬のゴッホ産駒では、ディバインコードは周り様子を気にするタイプだったし、
アリンナは2歳の同時期に見学に行ったときは落ち着きがなくて近づけない感じだった。

本馬は両馬と比べると落ち着いたものだったし、ON/OFFがしっかりしてるのは頼もしい限り。

 

調教での感触を聞いてみた所"良いスピードがありそう"とのこと。
特に頓挫もなく順調に来ているのは本当に何より。

具体的な移動の時期はまだわからないが、やはりある程度早期始動を視野に入れていると思う。


歩様動画


 

種牡馬 DVDでゴッホと見比べると良くわかるけど、首をうまく使って歩く感じとかゴッホによく似ている。

これから早い所をやっていくにつれて評価がはっきりしてくると思うけど、

今の段階だと期待していて良さそうだ。


最後に「一億円稼ぐと信じているので、よろしくお願いします!」と伝えておきました。
 

ニーニャの次走

JUGEMテーマ:一口馬主

ニーニャの次走は 2/29 中京 芝2000と発表された。

 

見た瞬間よっしゃって思いました。
まさに自分が使ってほしいローテーションだったから。

 

牝馬限定っていうのも相手関係として魅力だったんだろう。
でも、"中1週"で"左回りの中京"を選ぶことが後々の可能性を広げることに繋がるはず。

 

ニーニャはクラシック登録はしていない。
そもそも時間がかかる馬だということも分かっている。

でも、やっぱり中距離路線の3歳馬である以上、
まずはクラシックを念頭に目標を組み立てるべきだと思うんだ。

 

狙いは5/3 東京芝1800mスイートーピーS。
出れるかどうかは運次第だが、例年ゲート割れしがちなレース。
勝ち上がってさえいれば出走の可能性は十分にある。

出れなければ、地道に自己条件から挑んでいけばよい。

 

大切なのはチャンスが来た時に掴みとれる位置にいること。万全の体制を整えておくこと。

新馬からの連戦は馬にとって一番しんどい状況、良い状態で出すには一度緩める必要がある。

そうなると、ここで勝ち上がるのがギリギリのスケジュールになる。
中1週での出走は意味のあるチャレンジになると思う。

 

クラブや先生のコメントはまだだから、完全に僕の妄想だけど、
チャンスに備える意思を感じる選択だったのでとても嬉しい。

 

ニーニャは3着でした

JUGEMテーマ:一口馬主

 

いやー、めっちゃ惜しかった。ニーニャのデビュー戦は3着。

 

朝からあいにくの雨で、重馬場。
勝つ気満々で応援に行ったので「雨の口どりは嫌だなぁ」なんて思っていました。

 

母のリトルビスケットも重馬場で走っていたし、ゴールドシップもいかにも馬場不問なイメージ。
最終人気は19.3倍の7番人気。レース前には雨もほぼ止んで完全に流れが来ていると、期待して単勝購入。

 

結果はクビ差の3着であえなく撃沈…

 

騎手コメントにあるように、3-4コーナーで9番がふらついて5番と挟まれてしまったのが本当に痛かった。
他馬がアクセルを踏んでいく中で、1頭ブレーキをかけそこからの再加速。
着差を考えると本当に致命的だったね。

 

それでも内容はしっかりあったので悲観していない。

まず、すんなりとスタートで先行でき、しっかりと折り合えたこと。
馬体的にはそこまで短距離向きのように見えたけど、あの様子だとそれなりに距離は持つだろう。

途中でぶつけられても競馬を辞めずにしっかりと最後まで走れたことも大きい。
どんな展開でも対応できるというのは安定して力を出すには重要で、

予想通り、重馬場も苦にしないパワーも確認できた。

 

良馬場でどうなのかという声もあるだろうけど、まったく心配していない。

 

当たり前の話だけど、重馬場の方が得意な馬はいない、
重馬場だと全く走れない馬と、ある程度馬場関係なく力を出せる馬がいるってだけ。
スピード不足の馬が活路を見出すのは、周りが遅くなるので相対的に力の差が小さくなるから。

 

ニーニャは、馬場が良ければその分タイムもしっかりと出せることは証明済み。

 

国分騎手のコメントも是非また乗せてほしいとのこと。
正直、今回は勝てたんじゃないかと思うのだが、評価してくれるのは素直にうれしい。

 

トップジョッキーへの乗替なら迷うけど、そうあることじゃ無い。

それだったら次もお願いしてばっちり勝利に導いてほしいね。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ツイッターや掲示板などを見ていると、
クラブとか関係なくニーニャを応援してくれてる書き込みが多くてびっくり。
改めて、ゴールドシップの人気ぷりを感じる。
正直めちゃくちゃうれしい。エゴサで何時間もつぶしてしまうくらい。

 

ニーニャデビュー戦

JUGEMテーマ:一口馬主

京都6R 芝1800mでついにニーニャがデビューします。

 

大型馬でなかなか身が入ってこなかった印象だけど、ここ3か月でずいぶんと馬体のが変わってきた。
おそらくこれまでの調教の強度と体の成長がかみ合っていなかったのかなと思う。

 

ここ最近の上昇っぷりは目を引くもので、追い切りのタイムもどんどん良くなってきているし、
最終追切は 80.3-64.8-50.4-36.9-12.0(強め)
タイムが出やすい馬場だったのは間違いないが、破格のタイムだ。

 

映像を確認したところ、合わせた相手に並ばれて交わされた後仕掛けられて差し返した形
なかなか良い動きを見せている。これは期待してしまうね。

本馬はかなり落ち着いた性格で、マイペースな印象。
テンションが上がって舞い上がって力が出せない…といった心配とは無縁だろう。

 

後は相手関係だけ。新馬戦なのでそこはどうしようもない。
それでも正直掲示板は最低限期待してしまうな。

 

最近の馬体は母の影響も強く感じさせるので、意外としっかりとしたスピードタイプな気がする。
距離も2000m以下なイメージ。元々は中距離向きと思っていたので不思議なもの。

明日は天気が悪そうだけど、母も重馬場をそこそここなしているし、問題ないだろう。

やっぱり一着を期待して現地応援してきます!

 

<おまけ 18年度の見学会での周回の様子>
牝馬#2,#15~#17
https://youtu.be/hBiOJlB0LqE
#2がニーニャ。正直この時のイメージはもっと父似なイメージだった。

 

牝馬 #18~#21
https://youtu.be/LBAgZ1EAjLA
募集番号19が大注目のデアリングタクトです。
確かに見てるはずなんだけどなぁ…。

出資馬検討 スウィートウィリアムの18

JUGEMテーマ:一口馬主

 

二次募集気になるシリーズ2 スウィートウィリアムの18、メイショウボーラー産駒。
 

母20歳の仔っていうのは正直かなりマイナス材料。勿論、母高齢でも走った馬はいくらでもいるんだけど。
その分値もお安め。オータムセール募集なので、720万上乗せは350万くらい?

ノルマンディーでメイショウボーラーと言えばディスティニーソング。
本馬も同じくらい活躍してくれれば…なんて。

 

メイショウボーラー産駒を母父で分類してみた(2020時点での3歳以上)。
思った以上にはっきりとした傾向がある。

 

 

メイショウボーラー産駒はHaloのクロスを持っている馬に活躍馬が多いが、

サンデー系の繁殖が多いという数の効果も強い。
勿論、活躍馬を多く出しているのは間違いないので、相性が悪いわけではない。

顕著なのがミスプロ系の繁殖との相性の良さ。それなりの頭数がいるにも関わらず、
勝ち上がり馬に占める割合が未勝利と比較して8%も多くなっている。

本馬は、母父Miswakiでミスプロ系で相性良さそう。

 

本馬はオータムセールで落札されているので、

岡田スタッドグループの肝であるえりもでの夜間放牧はあまりされていない。
実際体も小さめなので、ぎりぎりまでえりもにいたのではないだろうか。
セール時が154/173/19.6で募集時が155.0/174.0/19.5/420

流石に2か月ではほぼ変わってない感じ。やっぱり小さいね。

 

血統的には、Bold RulerやNashuaのクロスを多く持っており、いかにもスピードタイプ。
馬体も重心が低くていかにも短距離っぽい。馬体イメージと血統イメージに乖離が無いのはいいこと。

立ち写真はバランスいかにもバランスの良い短距離馬っぽくてかなり好きなタイプ。
ただ、動画はちょっといまいち。なんか後躯の動きがちまちましてて、飛節がしっかり伸びてない感じ。
素人目に明らかなのでなんか理由があるのか…。

 

上のスウィートメリナが勝ち上がってる点は好感触だし、値段も安い。
これで歩様もイメージ通りなら即決だったんだけどなぁ。

とりあえず、立写真の印象はいい感じなので実馬を見るまで保留です。
 

出資馬検討 サニーヘイローの18

JUGEMテーマ:一口馬主

二次募集で気になっている1頭、サニーヘイローの18、カレンブラックヒル産駒。
母10歳の2番仔、母は芝短距離で3勝で準OPまで出世している。初見で分かりやすく狙い所な1頭。

 

カレンブラックヒルは昨年が初年度産駒、33頭がデビューして勝ち上がりは6頭。
キズナやエピファネイヤの活躍が目立つ中では、可もなく不可もなくといった印象。
当然だけど出世する馬が出てこないと今後は厳しい。

サマーセールで432万円で募集価格が920万、2か月の餌代を加味しても大体400万くらい上乗せ、平均的な感じ?
落札価格は母実績を考えると安いくらいなのかな。


セール時点での測尺が151/176/19.5で多少小柄な感じなのが嫌われたのかもしれない。
募集時の測尺は153/183/20.0で、480kg。今後も体高はそこまで大きくならなさそう。

 

<血統>
配合的には、母父キングヘイローがわかりやすいポイントで、
カレンブラックヒルが持つダイワメジャーの成功例の(Drone≒Halo)をさらに重ねる形。
末脚のキレや早熟さ(早期デビュー)につながれば良いけど、やはり気性が気になる…。

カレンブラックヒル自身、気性難でゲートも悪くてデビューが遅れた経緯があるようだし。

 

<兄弟とその種付料>
2016 産駒なし   (シンボリクリスエス、200万)
2017 デュープス (リアルインパクト、80万)
2018 本馬       (カレンブラックヒル、70万)
2019 産駒なし   (プリサイスエンド、80万)
2020 -          (ベストウォーリア、30万)

生産牧場の他の産駒を見てもおおむね同じ価格帯の種牡馬を付けられているものの、
徐々に安くなっていっているのはちょっと気になる。仔出しがあまり良くないからかも。

 

<歩様動画>
・きびきびして動いているのは好感触。
・父の歩様と比較しても、結構似ている雰囲気。
  比較するとダイワメジャーではなくやっぱカレンブラックヒルの産駒だなって感じ。
  前躯と連動してしっかりと後ろ足が蹴れている、繋ぎから飛節にかけてしっかりと伸びている所が良いと思う。
・耳を盛んに動かしていて、神経質っぽい。

 

(左:カレンブラックヒル 右:サニーヘイローの18)*カタログより。

立ち姿も結構似ているかな?前駆が発達してキ甲が抜けてこれば、重なってくるイメージは沸くね。

 

<適正予想>
馬体から短距離だろうけど、大きい胸囲や馬体重からは心配能力は高そうに感じる。
ダートっぽいと感じているけど、まずまず繋ぎは柔らかい感じがするし、どちらも行けそうかな。

 

<見学で確認したいこと>
1月下旬に見学を申し込み予定なので、その時に確認したいこと。
・気性
  血統からも一番気になる所。
  ちょっと悍性が強いってくらいなら良いけど、調教に影響が出るレベルだとやはり厳しい。
  ゲート難や輸送苦手みたいな懸念も出てくるし。
・坂路での乗り味
  乗り込み始めていれば、正直ある程度能力はわかってきているはず。
  直球での答えは返ってこないだろうが、ある程度トーンで把握できるはず。
・デビュー時期
  短距離路線だろうし、3歳までにどれだけ稼げるかは大きなポイント。
  損益分岐が5、6千万くらいだとすると、勝ち負けしながら3勝クラスまでいかなければいけない。
  血統的には早熟傾向に出ると思うし、やはり能力の天井に不安があるので、できれば秋にはデビューしたい。

 

黒星発進…

JUGEMテーマ:一口馬主

 

サンメディル 7着。期待していただけにめちゃくちゃ残念。

ただ、パドックではまだ少し緩い感じがあったね。歩様もあまり活気がなかったし。

スタートは思ったよりすっとポンと出た感じ。

 

道中先頭グループでそのまま進んで、4角に入ると手ごたえが怪しくなってずるずる後退。

まだ後肢がしっかりしていないから反応しきれないというコメントそのままな感じだろうか。
まずは使いつつ、充実していければ。次はちょっと間をあけるのかな?先生のコメントに注目。

結果が出ていないとなかなか大きなことは言えないけど、出世できると見込んでいるので、

一つ一つ課題をクリアしてもらいましょう。

----------------------------

 

アリンナはめちゃくちゃ調子が良さそうだから、思わず馬券買ってしまったんだけど…。
末脚にかけるとのコメントとは真逆の騎乗ぶりにがっかり。

 

前から行くと踏ん張りがきかないのはもう何度も繰り返してるんだけどなあ。
指示無視するなら、ちゃんと結果を出さないと…。

2020年初出走 サンメディル

JUGEMテーマ:一口馬主

2020年の中央競馬の初日から出資馬サンメディルが走る。
昨年は確かアイルチャームが幸先の良いスタートを切ってくれたので、
今年も良いスタートを切りたい。

ノルマンディーの17年産の4次募集馬は、4頭で3頭はデビュー済み。
内2頭は入着しているしレベルが高いと思う。本馬も続いてほしい。

 

年末の懇親会では菊沢先生に話を伺った時も、期待が高そうだった。
元々1200mでの出走を予定していたが、あくまで今の(12月頭時)の状態だと1200mでおろす方が形になり易いとの判断。
決して1200mがベストの馬だと思っているわけではないとのこと。
ゆくゆくは、距離を延ばしたり芝を試したり色々な可能性を広げていきたいとのこと。

まだ息が十分にできていないので、一息に走り切れる短距離の方が能力の差で、
良い競馬の形に持っていきやすいってことだと解釈した。

 

結果として、1月に1800mでのデビューとなったが、
調教で合わせていた馬たちも軒並み馬券になっているし、本馬も好走間違いなしと期待している。

(先生も、新馬勝ちを狙っていくってトーンではなかったけど、走れないとも思わないとおっしゃっていたし)

 

---------------------------------------------
本馬は小野町で実際にみて一目で気に入って出資を決めた馬。
元々は、アブレイズヒーローやセレンディピアを候補と思って見学に行ったのだけど、
前者は即満口、セレンディピアも良かったけど、それを上回るインパクトがあったって感じ。

 

 

やっぱり走ってきそうな雰囲気があるんだよな。
メンタルも堂々として古馬みたいに動じない感じ(でも、厩舎では結構うるさい所も見せるそうだ)。

以前も書いた通り、足さばきが軽そうに見えたので芝向きではないかと思っているんだけど、
(Lemon Drop Kid産駒の芝馬、ビーチパトロールに似てる感じだし)

 

大成するダート馬って芝もダートも問わない造りをしているのが多いし、まずはダートっていうのもありだろう。

デビュー戦に関しては、セールの動画でかなりズブい所を見せていたので、そのあたりがどうかな。

新馬勝ちまで十分に期待してます!

 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.